押さえておきたい!様々な手法を用いた写真の残し方

基本中の基本、バックアップをしっかりと取っておこう

お子様がいらっしゃるという方の場合、写真をたくさん取られているかと思います。写真を撮影しても管理が上手く出来ていないという方がたくさんいらっしゃいます。最もシンプルな写真の残し方としてはデジカメなどで撮ったデータをパソコン上に保存しておくというものです。このやりかたが一番シンプルで管理が簡単かと思います。このやり方にひと手間加えるとなると、バックアップをしっかりと取るという事です。外付けハードディスクを購入したり、CDなどに焼いておくとPCが不測の事態で壊れてもデータを残しておく事が出来るので安心です。

クラウドも活用して写真を残そう

昨今は写真の残し方も進化しています。新たな写真の残し方としてクラウドを利用するという方が増えています。クラウド上のサーバーに写真を置いておけば、パソコンが壊れたりしても、データをしっかりと守る事が出来ます。多くのクラウドサービスを提供している会社は一定のデータ量までは無料でそれ以上は有料とするところが多くなっているので、どのくらいの量が自身にとって適切かを見極めて、クラウドサービスを選定する事が大切と言えるでしょう。無駄に大容量なもので契約しても余らせているのでは勿体無いですよね。

写真はやっぱり印刷してこそ

写真の残し方として意外に多くの方が忘れがちなのが、写真に印刷して残すという事です。特に最近ではスマートフォンなどで簡単に綺麗に写真がとれるようになり、そのデータを見るだけで満足してしまう方がいます。クラウドや外付けハードディスクなどにデータのバックアップを持つのと合わせて、これはと思える写真に関してはしっかりと写真に印刷をして残してあげるのが良いでしょう。アルバムなどで保存しておけば、パソコンやスマートフォンの液晶画面で見るのとは一味違った味わいが得られるはずです。

スマートフォンで撮影した写真は、フォトブックとして永く保管ができます。機器の予期せぬ故障によってデータが破損しても、大切な想い出を守れます。